オンラインゲームの面白さ

オンラインゲームの面白さ

TOPページ オンラインゲームの基本 > オンラインゲームの面白さ

 

オンラインゲームの面白さ

近年、オンラインゲームがすごい勢いで流行っていますががそれはオンランゲームがあまりに面白いからでしょう。では、その面白さとは一体何でしょうか?

それは、ゲームの内容だけではなく架空の世界で自分を表現できる事、そして自分と同じようにパソコンの向うにいる他人たちとその世界を共有できる事にあります。
MMORPGという言葉を聞いたことがあますか?

MMORPGとは「多人数同時参加型オンラインRPG」と訳されていますが、要は複数のプレイヤーがひとつの世界に参加するという意味です。

このMMORPGが爆発的な人気を呼んだと言っても過言ではないでしょう。

1プレヤーとなった自分が同時に参加している他人達とゲームをしたりチャットをしたりすることの楽しさと、匿名性が濃いネットの世界であるが故に自身を何者なのかさらけださずに済むことの安全性、がその人気の理由だと筆者は考えています。

筆者ははじめてこのMMORPGを楽しんだのは、「ウルティマ・オンライン」というゲームでした。

img0250.jpg

ウルティマ・オンライン」は、MMORPGの元祖と言ってもいいゲームで当初日本では外国版のみしか発売されていませんでした。今現在ではゲーム内で日本語も使えサーバーも日本国内に存在していますが、当時はゲーム内では日本語が使えず、ローマ字のみしか使えませんでした。サーバーも外国にしか存在しておらずプレイヤーもほとんどが外国人!そんな状況の中でも、筆者はかなりそのゲームに没頭してしまい、いわゆる「ハマった」という状態になっていました。

それは、仮想の世界に時間の流れがあるということと、仮想の世界で仲間たちと1つの目的にむかって遂行することの面白さ、あとは、仮想の世界でもう1人の自分を演出できることが最大の面白さだったと感じています。
また、家庭用のゲームはほとんどは目的が終了すると「ゲームオーバー」もしくは「ジ・エンド」になりますが、このゲームには「終わり」が存在しない…という点も面白さの1つの要因です。しいて言えば、自分がゲームに飽きてやめてしまう…ことが「終わり」といえるかも。

今まで体験したことのない感動を味わえるオンラインゲーム…いかがでしょうか♪

オンラインゲームを始めてみよう

まずは、オンラインゲームをする上でパソコンは当然必要不可欠です。また、オンラインでゲームを楽しむわけですからインターネットができる環境にしておく事も必要です。インターネットができる環境にするにはインターネット接続業者(俗に言う‘プロバイダー’)と契約をしなければなりません。

最近では、回線が高速化され光ファイバー接続が容易に家庭に取り込めるようになり費用も低額なので導入しやすくなっています。

idt031a-s.jpg

オンラインゲームは‘回線が生命線’といってもいい程重要なので、できるなら光ファイバー、もしくはADSLなどの高速回線を導入しましょう。回線が高速だとオンラインゲームもスムーズに動作します。

また、パソコンのスペックも個人の許す限りハイスペックにしておくことをおすすめします。

gum02_dr01005-s.jpg

と言うのもスペックが低いとやはりゲームの動作が遅くなったりするからです。パソコンの心臓部とも言うべきCPUは特に可能な限り性能の高いものにしておくといいでしょう。また、ビデオボードも同様なことが言えます。3Dゲームなどは画像が綺麗な分ビデオボードに負荷がかかるからです。

以上のようにパソコンのハイスペック化とインターネット環境をできる限り高速なレベルにすることによってオンラインゲームを気持ちよく楽しむことができます。

ゲームの動作がカクカクしたり停止したりするとフラストレーションが溜まってきますので、精神的にもよくありませんので・・・。

ここで筆者の体験を一つ。

数年前は現在のようにインターネット環境が高速化されていなくて、ISDN回線で接続するのがやっとでした。

しかも、プロバイダーとの契約も‘回線を何時間使用していくら’という従量制しかありませんでした。

そのため、回線を使用すればするほど料金が増していくわけで、私はある時、ゲームで遊んでいるうちに回線を接続したまま眠りこんでしまいました。そんな事が数回ありプロバイダーの月1回送られてくる接続料の請求書を見ると10万円となっていました。

ひと月に接続料が10万円!

今では考えられない事ですが、このような事にならないためにも、プロバイダーとの契約は「使い放題で月○○円」という固定制を行うようにしましょう。

オンラインゲームを探してみよう!

さて、ハード面での環境が整ったら次に自分がどんなジャンルのゲームをしたいか、を決めましょう。

まずは、インターネットで「オンラインゲーム」と検索してみてください。様々なジャンルのゲームが出てきます。

アクション系、アクションRPG系、RPG系、スポーツ系、テーブルトーク系・・・と家庭用のゲームとほとんど同じような感覚です。

ゲームのほとんどがデモ画面やゲームの説明が掲載されています。それらの情報を収集してみて自分がコレだ!と思ったゲームを選ぶと良いでしょう。

また、「オンラインゲーム」には有料のものと無料のものがあります。有料のゲームは月額○○○円というように課金されるので注意しましょう。まずは、無料のものでプレイした方が無難です。無料だからとってゲームがおもしろくない、とかシステムがしょぼい・・ということはありませんので安心してください。

さて、ゲームのジャンルですが筆者のおすすめは、アクションRPGです。

純国産MMOアクションRPG『C21』

初心者でも気軽に遊べますし、オンラインならではの楽しみが体感できます。また、他のジャンルに比べてゲームシステムが非常に自由度の高いものになっているので、‘枠’にとらわれずに気持ちよくプレイできます。

家庭用のゲームで有名なRPG「聖剣伝説」をイメージしてみてください。主人公をプレイヤーは操作して色々な試練を乗り越えていきます。最後は、ボスを倒してジ・エンド・・・となりますが、オンラインのアクションRPGはボスを倒してもジ・エンドとはなりません。

その後はプレイヤーの意思によって自由に行動できます。同じボスを倒しても良いし、仲間とおしゃべりしても良いし、他の場所へ赴いて新たなる冒険をしても良いし、プレイを中断して終わりにしても良いし・・・様々です。

この点が‘自由度が高い’と言えるでしょう。ぜひ、プレイしてみてください!

最後にもうひとつ注意点を。

ジャンルに関係なく立体的な3D映像をシステムに取り入れているゲームには注意してください。立体的な映像は綺麗で非常に良いのですが、人によって「3D酔い」という現象になってしまう方もいるようです。

3Dゲームをプレイしていると気持ち悪くなってしまう、頭が痛くなる・・という症状が出ます。自分が3D映像に酔ってしまうかどうかはデモプレイなどでプレイして確認するとよいでしょう。

オフ会に参加してみよう

オフ会に参加してみよう!

オンラインゲームをしばらくプレイしているとゲーム上で気のあった仲間ができるかと思います。

気のあった仲間同士でチーム(ゲームによっては‘ギルド’‘同盟’などとも呼ぶ)を形成してゲームをプレイするとまた違った楽しさが出てきます。1人では攻略できなかったダンジョンを攻略できたりとか複数人数でないとこなせないクエストを解決できたり・・・仲間と協力して達成できた喜びと言うもの表現できないくらいすばらしいものです。

そのような仲間と今度はネット上ではなくリアルな世界でコミュニケーションをはかるとまた違った喜び・楽しさがでてきます。

いつもネット上で会っている人が実際はどのよう人物なのか・・・興味でてきませんか?

意外と面白いものです♪

実際に会ってみると実はオンライン上でのキャラクターとは正反対・・・なんてこともあってビックリしますよ♪

このように、ネット上で知り合った人達とリアルの世界で会う催しを‘オフ会’と言います。

もし機会があればこのオフ会に出てみると良いでしょう。

注意点としては、ネット上ではいつも出会っている人でもリアルでは初めてお会いするのでから、最低限のマナーは守る事です。感覚的にはヘンかもしれませんがまずは「はじめまして」と挨拶しましょう。

お互いの名前はネット上のハンドルネーム以外知らないわけですからハンドルネームで呼び合って差し支えはありません。

リアル世界でハンドルネームで呼び合うのもなかなか興があって良いものです♪

新たな楽しみが増えていいですよ♪

ページトップへ↑