RMTとPKについて

RMTとPKについて

TOPページ オンラインゲームの基本 > RMTとPKについて

 

RMTとPKについて

RMT(リアルマネートレード)

RMT(リアルマネートレード)て何?

近年、オンラインゲームの普及と共にRMTも盛んになってきました。RMTとは、所有しているアイテムやアカウントを現実世界の通貨に交換したり、キャラクターを育てるのに現実通貨を支払って育成代行屋にお願いしたりすることを指します。

ウルティマオンラインやエバークエストなどのユーザー数が多い大規模なMMORPGでは非常に盛んに取引が行われています。

では、どのような人がRMTを利用しているか?ということですが主にゲーム内の希少アイテムを購入したり、不動産を購入したり、とその目的は多様化しています。そもそも、RMTの発祥はゲームを極限まで極めて財宝やアイテムをたくさん保持しているプレイヤーがゲームを引退する時に、その財宝を専用のBBS掲示板などで売ったことにあるようです。それによって、仮想世界のものと現実世界のものとの売買が自然と成り立って現在に至る・・・という流れでしょう。

また、アイテムだけでなく先述のキャラクターの育成にお金をかけるプレイヤーもこのシステムを利用しています。これは、ゲームのシステムに寄るものですが基本的には社会人など比較的プレイ時間が制限されている人がキャラクターをレベルアップさせるのに膨大な時間を消費するのを嫌って育成代行屋にお願いするパターンです。確かに、キャラクターを育成するにはそれなりの時間が必要です。時間が取れないユーザーはそれだけキャラクターを成長させるのが遅くなるわけですからね・・・。ただ、中にはじわじわとキャラクターを成長させる過程を楽しみとしている人もいるようですからこのあたりはユーザーの考え方によるでしょう。いずれにしても、育成代行屋に依頼するとここでリアルマネーが動くわけです。

すごいですね・・・・仮想世界の物品を現実世界で売買できるのですから極端に言えば仮想世界と現実世界とで商売が出来る・・・ということです。近い将来は、「仮想現実トレーダー」なる職業がでてくるかもしれません。なにせ、この市場規模は年間で150億円規模だと言われているくらいですから・・。もっと極端に言うとそれだけでご飯が食べていけるかもしれません。

RMTは各ゲームでそのシステムが構築されています。ジーエムエクスチェンジなどのサイトを見て参考にしてみると良いでしょう。

PK(プレイヤーキラー)について

オンラインゲームにおけるPK(プレイヤーキラー)について

MMORPGタイプのオンラインゲームを遊んでいるとPK(プレイヤーキラー)という言葉を目にしたり貴意居たりする事があると思います。

言うまでもなく、オンライン上で遊んでいるプレイヤーのキャラクターを他プレイヤーキャラクターが殺傷する行為ですが、これについてはPKというシステムがそのゲーム内に盛り込まれているわけですから、PKを行いたい人はどんどんチャレンジして良いでしょう。別の言い方をすると「対人戦」とも言えますね。

ゲーム内で動き回っているモンスターを倒すのではなく、生身の人間が動かしているキャラクターと戦うわけですから、これほどスリリングなものはありません。PKに合ってしまい自分のキャラを殺され持っていたお金やアイテムを奪われてしまった人にとってはこれほど悔しい思いはありません。

PKされたことによってその人が「自分もPKになってやる」・・・とか「自分はPKは許せないからPKを殺すPKK(PKキラー)になってやる」とか新たなる目的が出てきたりするかもしれません。

PK行為は一見嫌われがちに見えますが、ゲームだけでなくリアルの世でも善と悪は絶対に存在するもの・・・。それを考えたらゲーム内に悪人(ここではPKを指します)が居てもおかしくはないでしょう。

むしろ、「自分はこのゲームでは悪キャラとして生きる!」という概念も当然あってよい事だと思います。また逆にPKKになり「自分は善キャラに徹する!」という概念も同様です。

ただ、PKもしくはPKKになるには生半可な操作テクニックではすぐに死へとつながります。

もし、PKやPKKを目ざすのでしたら操作テクニックの熟練が必要でしょう。もちろん、操作テクニックだけでありません。

実際に操作するプレイヤーのレベルアップも必要です。これは、操作テクニック、状況判断の把握能力、コミュニケーション能力などすべてを総合して‘プレイヤーのレベル’と置き換えても良いです。

頂点に立つには物凄い努力が必要ですが、自分が好きでチャレンジした事です・・・おそらく、苦にはならないと思います。PKやPKKなどの「対人戦」は一度ハマったらなかなかやめられません。それほど、感動的で刺激的な行為ですので♪

ちなみに、これはあくまでもゲーム内のことに限りますよ。これを、何故か勘違いしてリアル世界でもやってみたいと実際に行動した(つまり人に危害を加えた)人間が少数ですがいました。これをしたら当然ながら傷害や殺人の罪となりますから・・・・。

気をつけてください!

ページトップへ↑