リネージュ

リネージュ

TOPページ 個別ゲーム解説 > リネージュ

 

リネージュ

Lineage:リネージュ

img0263.jpg

Lineage:リネージュは、韓国で生まれたMMORPGです。エピソード 1が始まったのが1997年ですから、同国ではかなり古いゲームと言う事になります。それでも、社会現象を巻き起こしたほどのゲームですから、今現在でもたいへん人気が有ります。

プレイヤーの画面としては、視点固定型のインターフェイスになっているので3D酔いになることもなく、左クリックの基本操作でほとんどがこなせます。ただ、キーボードでの入力も極めると必要になっているので慣れたらキーボード入力操作を覚えましょう。

基本的にこのゲームは経験値取得によってレベルアップしていくタイプです。敵をどんどん倒していいくと経験値がたまりレベルがあがります。

まず、サイトからプログラムをダウンロードしたら自分がプレイするサーバーを選びます(ここでは‘ワールド’と呼んでいます)。ワールドは主にPvP(対人戦)可能ワールドと対人戦不可なNon-PvPワールドの二つがあります。対人戦に興味がある人はPvPのワールドを選択するといいでしょうし、対人戦に興味が無い人はNon-PvPワールドを選ぶといいでしょう。PvPワールドは、いわゆるプレイヤーキラー(PK)が可能なのでフィールドを動き回っていたらいきなりPKに出会って殺される・・・という覚悟が必要でしょう。

ワールドを選んだ後は、キャラクターの作成です。

まずクラスですが、クラスは君主、ナイト、エルフ、ウィザード、ダークエルフと5つあります。初心者は、バランスの取れた君主を選ぶと良いでしょう。接近戦と魔法両方のバランスが良いからです。また、君主は血盟(クラン)を結成することができる唯一のクラスだからです。血盟とは言ってみれば現代風で言うと‘チーム’のようなものです。仲間を集めて敵チームとの大規模な戦争をおこすこともできます♪血盟は、このリネージェの最大の特徴と言えますので、ぜひともこの血盟システムを体験するべきでしょう。

対人戦は、マウス操作だけでは相手に勝つ事は難しいのでキーボード操作の向上も必要です。キャラクターのレベルアップだけでなくプレイヤーのレベルアップも必要・・というわけです。

お話がそれましたが、キャラクターを作成したら「ドロモンド」というNPCに話しかけましょう。冒険のサポート的な助言を与えてくれます。また、「治療師」や「ヘイスト師」というNPCもHPを回復してくれたり、スピードアップさせてくれたりと手助けしてくれるので序盤はこのNPCを使うといいでしょう。

「ドロモンド」に話しかけると「アレックス」というNPCを探せと言われますから、「アレックス」を街中で探しましょう。「アレックス」を探したら話しかけてみましょう。訓練場というところに案内してくれます。

ここでこの訓練場でゴブリンと戦闘の練習をします。この訓練場ではレベルを5まで上げられるのでまずはレベル5を目指して練習しましょう。レベル5になると、遠方の友人と会話が出来る「ウイスパー」機能と、アイテムを預かってくれる「ドワーフ倉庫」機能が使えるようになります。

レベル5になったらいよいよ町の外へ出て敵と戦ってみましょう!リネージェはパーティーも組む事が出来ます。最大で最大8人組めますし、パーティーを組む時に君主がパーティーのリーダーになるとボーナス経験値が追加されます。ですので、君子をパーティーリーダーにして敵をサクサク倒していくと効率性が上がりレベルアップが格段に早くなります。積極的にパーティーに参加するといいでしょう。

Lineage:リネージュの世界を楽しんでみてください♪

総論

Lineage:リネージュは、基本としてはマウス操作のみでもアクションをコントロールできるゲームなので、面倒な操作が苦手な人、また、3Dが苦手で3D酔いになってしまう人にも向いているゲームでしょう。

また、対人戦に興味がある人にも良いかと思います。

ページトップへ↑