巨商伝

巨商伝

TOPページ 個別ゲーム解説 > 巨商伝

 

巨商伝

巨商伝は、戦国時代を背景にしたガマニアが運営する無料のオンラインゲームです。

プレイヤーは、四カ国8人のキャラから一人を選び(日本・朝鮮・中国・台湾)を交易を楽しむ「交易商人」やモンスターをどんどん倒してアイテムを手に入れる「戦闘商人」となって天下一の商人「巨商」を目指します。

巨商伝の最大の特徴は、交易システムです。

プレイヤーは色々な町を渡り歩いて、アイテムを購入したり売ったりして財力をつけていきます。

町で売買できるアイテムは、各町の在庫量によって価格が決まっていて、アイテムの在庫が多い町で安く購入し、在庫が少ない町で高く売って利益を得ていきます。また、一度訪れた町のアイテムの相場は帳簿に保存され、データとして後々に活用することが出来きます。

ちなみに、交易は、町のほかに個人間でもすることができますが信用レベルが6以上ないとできません。個人間では、アイテムや、傭兵なども交換することが可能。さらに、露店を出して商売を行うことも出来ます。露店は、信用レベルが20以上が必要で町の特殊施設内で開く事が出来ます(市街の木箱の中では信用レベルが10で開ける)。

交易のほかに、巨商伝では生産施設を購入して運営してアイテムを作成して販売することが出来ます。生産するアイテムの原料・道具を倉庫に保管して、これを元にアイテムを生産する・・というものです。

また、生産施設ではアルバイトをしてお金を稼ぐことも可能です。アルバイトは、「神経衰弱」や「二角取り」「落ち物アクション」などのゲームになっています。

一方、戦闘システムはシュミレーションゲームのような感覚の方式をとっています。フィールドや各国の地形に敵が徘徊していたりするので戦いたい敵(ユニット)をクリック(カーソルが剣の形になる)すると戦闘が開始されます。戦闘の際は仲間と協力して対戦することもできて、傭兵・武将・などを雇い戦力として使うことも出来ます(傭兵雇用は最大11人まで)。

傭兵は一定のレベルになると武将に転業する事が可能で、さらにまた一定のレベルになると二次職業として戦騎将に転業も可能です。

戦闘をして稼ぐもよし、交易をして稼ぐもよし・・・・好きなプレイヤースタイルをチョイスしてプレイしてみましょう!

【総評】

巨商伝はパソコンのスペックが低くても十分遊べるゲームなので、高スペックのマシンを持っていない人にも遊べるのは良いですね。

また、「交易」という独特のシステムを使ってキャラクターを成長させていくユニーク性は評価できると思います。

戦闘は、シュミレーション的な感じですが実際は、「リアルタイムストラテジー方式」という戦闘方法で、ターン制によるものではなくリアルタイムに進む時間に対応しながら、敵の情勢、状況を考えながらプランを立てていかなければなりません。この戦闘システムは、緊張感があってワクワクするのでまだ体験した事が無い人には一度味わっていただけたらと思います。

ページトップへ↑