詐欺や中毒に注意

詐欺や中毒に注意

TOPページ オンラインゲームの基本 > 詐欺や中毒に注意

 

詐欺や中毒に注意

オンラインゲーム詐欺に注意

オンラインゲームでの詐欺に注意(アイテム買取などの際の注意)!

オンラインゲームでトラブルに会う確率が高いものとして、リアルマネートレーディング(RMT)が挙げれます。

近年は、RMTを扱う専門の企業が取り扱うパターンが多くなってきたためかなり安全にはなってきていますが、それでも未だに詐欺はなくなっていません。

最近最も多いのは、架空口座もしくは偽り口座をつかった詐欺です。

idt028a-s.jpg

買取を希望しているユーザーをターゲットにして物やアイテム、若しくはアカウントを販売します。入金を確認次第アイテム、もしくは、アカウントをお渡しします・・・と連絡がメールできます。

入金後、いくら待っても音沙汰有りません・・・。メールに問い合わせするとメーラーデーモンがきて相手のメールアドレスが使えない事が判明します。電話番号をかけてみても、ウソの電話番号であるので電話はつながりません。住所もウソ・・・というパターンです。

このようなパターンの詐欺が非常に多くなっています。騙されない為にも、RMTの詐欺情報はつねにしっかりと入手しておきましょう。

情報は、RMTRMT詐欺情報DB@Wikiをこまめにチェックしておくと良いでしょう。

取引する相手の名前やメールアドレス、口座番号はかならず入金する前に、上記のサイトでブラックリストに挙がっているメールアドレス、口座番号が該当しないかをチェックしてください。もし、該当したら取引はしないようにしましょう。

詐欺師の傾向として、‘強気の発言をしてくる’‘こちらの意向を無視して自分の都合を理由として言ってくる’などがあげられます。

以下は私が詐欺防止の為に私が行っていた方法です(注:現在は行っていません)。

-------------------------
購入する側が私でまず、入金せずに相手に「すいません。大変失礼に当たってしまいますが用心としてそちら様の口座番号と電話番号・住所を照会機関に問い合わせさせていただきますね。確認が取れ次第、御入金させていただきます。よろしいでしょうか?」と言ってみましょう。

相手が詐欺師であれば音信普通になるか、「それはやめてくれ」的な返答が有ります。

ここで判断がある程度できます。当然、相手には自分の住所・電話番号・口座番号をメールか口答で教えます(失礼に当たりますから)。


-------------------------

この方法でかなり詐欺を防ぐ事が出来ます。

非常に巧妙な詐欺師は、私のような方法をとってくるユーザーに対して、私の個人情報(住所・電話番号など)を聞いた後音信普通になる・・・という行動をしてきます(ごくまれですが)。なぜかというと個人情報の入手が目的だからです。後で詐欺に使われてしまう危険が高いです。いわゆる‘成りすまし詐欺’というものです。

そうなると、後はもう実際に会って取引する・・・・という方法しかありません。それが一番安全性が高いです。

RMTの詐欺師にとって自分の姿を見られる・・・・というのは大変な恐怖ですから・・・。

実際、私はこの方法で何度が取引させてもらいました。欠点としては、遠方の方とは取引できない・・・という点です。あまりに遠方ですと交通費が馬鹿に出来ませんからね・・・。

RMTの取引が高額でどうしても遠方の方と取引しなければならない・・という重要な案件でしたら遠方でも致し方がないと思います。詐欺に会うよりはマシ・・・です。

ちなみに、実際の取引はお互いゲーム喫茶に入りゲーム喫茶のパソコンをつかってアイテムの確認、アカウントの確認を行います。確認したら現金を売り手に渡す・・・というパターンです。

上記のお話が詐欺対策の御参考になれば良いかと思います。

詐欺には本当に気をつけましょう・・・・。

オンラインゲーム中毒に注意

オンラインゲーム中毒に注意せよ!

オンラインゲームは、パソコンの普及と回線の低価格・高品質化もあって近年爆発的な人気となっていますがここで注意する事があります。

あまりに面白いためにハマり過ぎてリアル生活までも犠牲にして行ってはいけない・・・・という事です。

以前、韓国で事件になりました。あまりにハマりすぎてネットカフェで50時間以上もオンラインゲームをしていたため過度の疲労で死亡したと・・・・。リアル生活を犠牲にしてオンラインゲームにハマってしまう症状を‘オンラインゲーム中毒’と言うそうです。

chdr012-s.jpg

死亡するまでハマる・・・というのは極端な事例ですが、例えばゲームにハマり過ぎて「学校を休んでしまった」とか「会社を休んでしまった」または、「病気(自律神経失調症など)になってしまった」などは、間違いなく‘オンラインゲーム中毒’です。中毒になると抜け出すのが困難になります。

中毒になる前に、ここは、「現実の生活があるからオンラインゲームもできるんだ」という意識を持つように心がけましょう。

物事の分別が出来ている人は中毒にならない・・・或いはなりにくい・・・と言えます。分別が出来ない人はかなり要注意です。

また、中毒予備軍としては、「働いていてもゲームの事が気になってしょうがない」「勉強していてもゲームの事が気になってしょうがない」という方です。

気をつけましょう!

ページトップへ↑